楽曲

1. 明日のために  (2012)   

2. BOOK VILLAGE  (2012)

3. 脊髄 SONG SHOW  (2013)  

4. デフロック  (2014)

5. 感謝  (2014)  

6. 車椅子の気持ち  (2015)

7. 想い  (2015)  

8. なぜ  (2015)

9. メタセコイヤの願い  (2016)

 

 

 

 

歌詞

1. 明日のために

 

Melody:wander

Words:taaka & wander

 

のない世界で 

過ごすのが当たり前
補聴器がなくては 

音を感じられなかった
それでも人の話を 

何度も聞き返したり
聞く事が怖くなり 

愛想笑いでごまかす
なぜもっと判るように 

伝えてくれないのか
ただ周りの優しさが 

足りていないんだと思った
人と関わる事が嫌にもなった

 

いつの日だろう ふと気づいた 

自分は何もしてない事に
苦手な本を読み
言葉を覚えた 

身振り手振りを多く使い
相手をよく見て眼で聴く努力をした

ささいな事だけど
今を変えるために 

探した自分にも出来る事を
人との繋がりを
もっと感じるために

自分を表現しようとした
分かり合うために必要な事は

言葉だけじゃないと
今までに出会えた人

それこそが自分の今の宝

 

悩む事なんかなく 

毎日が流れてた
人よりも出来る事が 

多いという自信を持ってた
突然の暗闇

動かなくなった脚
何をするにも誰かに 

心配されるようになった
なぜ頼みもしないのに 

手伝おうとするのか
自己満足を得るための 

的にされているような気がした
人の優しさ全てが煩わしいと思った

 

いつの日だろう疑問に感じた

なぜこんなにも腹が立つのか
もう一度自分の気持ちと向き合った

今ある思いの奥底まで
ただ戸惑ってた ただこだわってた

昔との違いに
障がいを認めた時 

気持ちが前へと進みだした
自分に
笑顔がなければ周りも同じ

ただそれだけの事だった
身体が動くとか動かないとか

本当にちっぽけな事
今の自分の友人達が

そう思わせる何よりの証

 

人は皆それぞれ悩みを抱えながら

闘いながら日々生きてる
障がいを特別に思う事ない

普通の悩みと同じ
自分の気持ちの持ち方ひとつで 

違った形の明日が来る
きっと明日を変える何かがある

自分にも出来る何かがある
また来る明日に嫌われないように

光が射すように
下を向かず前を向いて進めば

違った明日が・・・きっと来る

 

fin 

 

 

2. BOOK VILLAGE

 

Melody:wander

Words:tomo

 

片田舎の平凡な 

普通の家庭で生まれ育った
幼少期は活発で 

青春時代は少し悪い事もした
青年時代は仕事で 

地方を渡り歩いた
いつの日か酒とギャンブルに 

溺れて挙げ句に

事故で障がい者になっちまった

 

でも人生は後悔してない 

失ったものは確かに大きいけれど
それとは逆に得られた物も 

比べる事が出来ないほど大きいから

きっと五体満足に生きていたら 

自分が犯してきた過ちにも
人との繋がりの大切さにも 

気付かず生きてきたんだろう

そう今思う

 

人生は波瀾万丈と 

言われてるけれども確かにそうだ
胸を張って語れない事も 

沢山してきたその罰を受けたのかも
思いがけない出来事が 

いつ起きるか分からない
神様は乗り越えられない 

試練は与えないと
大きな意味が必ずあると

 

過去があるから今の自分がいる 

たまに落ち込む事もあるけれど
後戻りせずに前を向いて 

希望を持って生きて行くと

そう決めた

自分は今まで周りの人達に 

いつも助けられ守られながら
生きていた事にやっと気付けた 

親の有り難さにも

 

神様から受けた試練の意味が 

今思えばあるような気がする
意味が無くとも自分の過去と 

向き合える時間をもらえた

今ある自分の姿の意味を 

見つけ出す為に生きよう
一度失った脚の感覚と自信を 

少しずつでも取り戻して

 

自分なりの頂点を 

目指して生きるぜ

 

fin 

 

 

3. 脊髄 SONG SHOW

 

Melody:wander

Words:wander

 

脊髄SongShow 

脊髄SongShow 

脊髄SongShow

 

ある日デパートで 

買い物をしていた時
目の前に小さな

子供が歩いていた
おどろかせないようにと 

少しの距離をあけた
車椅子ならではの 

ほんの小さな優しさ
横に居た母親が 

俺の気持ちなんかよそに
子供の手を引っ張り叫んだ あ~

 

危ない あ~ 

危ない あ~ 
危ない あ~ 

危ない あ~ 

 

それは俺がそんなに 

危険な存在とでも言うのか
そんなに危険な速度で 

移動してへんやろう

本当に 本当に 本当に 本当に 
お前ら車椅子で 

本当にひいてやろか ・ ・

 

脊髄SongShow 

脊髄SongShow 

脊髄SongShow

 

車椅子優先の 

トイレに行こうとした
すでに中に人がいて 

仕方なしに外で待った
やけに長く待たされて 

尿モレが始まった
車椅子ならではの 

どうしようもない虚しさ
なに食わぬ顔して中から 

健常者のおっさん出てきて
会釈も何も無かった あ~ 

 

何でだろう あ~ 

何でだろう あ~ 
何でだろう あ~ 

何でだろう あ~ 

 

別に俺はおっさんに 

謝って欲しいわけじゃないけど
ただ車椅子優先と 

表示がされているのに

本当に 本当に 本当に 本当に 
そこに入る必要が 

本当にあったのか ・ ・

 

脊髄SongShow 

脊髄SongShow 

脊髄SongShow

 

ショッピングモールに 

車に乗って出掛けた
車椅子の駐車場に 

コーンが置いてあった
車椅子は乗り降りに

とても時間がかかる
車椅子ならではの 

逆らえない切なさ
自分の後ろに車の 

渋滞が出来ていたので
車でコーンを押して停めた あ~

 

冷ややかな目 あ~ 

冷ややかな目 あ~ 
冷ややかな目 あ~ 

冷ややかな目 あ~ 

 

車椅子じゃない歩ける 

人達のモラルがあれば
駐車場にコーンなんか 

置かなくもいいはずなのに

本当に 本当に 本当に 本当に 
非常識扱いされるのは 

本当に俺だろうか ・ ・

 

脊髄SongShow 

脊髄SongShow 

脊髄SongShow


 fin 

 

 

4. デフロック

 

Melody:wander

Words:taaka

 

補聴器をつけているからと

いって必ずしも

すべて完全に聴こえるわけじゃない
メガネやコンタクトのように

見えるようになるのとは

全然違うんだぁ ・ ・

 

毎年の冬に必ず起きてる 

インフルエンザが流行る時の事
揃いも揃ってどこのどいつも 

予防のためにとマスクをつけやがる
マスクをしたら
声は籠る 

口の動きも読み取れない
補聴器見た時自然な思いやりで 

マスクを外してくれ え え え

 

WOW WOW

風邪になっても俺はかまわない
WOW WOW 

高熱が出ても俺は幸せさ
WOW WOW 

君がマスクを外してくれたら
WOW WOW 

優しい君に恋しちゃいそうさ

 

年に一度の健康診断で

医者に聞かれたタマゴを吸いますか?
意味が分からず俺は考えた 

頭に出たのはロッキーだけだった ・ ・
ごく普通の日常生活で 

タマゴを吸うやつがいるのか?
この医者は何を求めてる 

理解出来ません ん ん ん

 

WOW WOW 

医者の問いかけに俺は悩んだ
WOW WOW 

俺をボクサーと思ってるのか?
WOW WOW 

色々悩んだけれども実は
WOW WOW 

タバコとタマゴの聞き間違いだった ・ ・

 

一人でも多くの人が 

手話に興味を持ってくれたら
身ぶりでもいいから 

話しかけてくれたら 

とても幸せえ え え え

 

WOW WOW 

コミュニケーションがとれる環境を
WOW WOW 

そのためには人と人との
WOW WOW 

つながりをもっと増やして
WOW WOW 

いろんな人と分かり合えるように

 

補聴器をつけているからと 

いって必ずしも 

全て完全に聞こえるわけじゃない ・ ・

 

fin 

 

 

5. 感謝

 

Melody:wander

Words:wander

 

ありがとうこうして 
今日ここに居られることに
心から感謝するよ 
もう一度言うよありがとう

 

友達と会話すること 
好きな人の手を握ること
悲しくて涙すること 
感情を表現出来ること


仕事を頑張れること 
美味しいご飯を食べられること
落ち着いて眠れること 
家があり家族が居ること

 

当たり前の事がいつか 
当たり前じゃなくなるかも
しれないから今日この日を 
目一杯味わおう 

二度と来ないから

 

さぁ大きく手を振ろう 
さぁ大きく手を振ろう
笑顔になれた 
今日この日に
ありがとうと 
大きく手を振ろう

 

笑顔で過ごせた今日に ・ ・ 
ありがとう

 

fin 

 

 

6. 車椅子の気持ち

 

Melody:wander

Words:tomo

 

なんとなく車椅子の 

気持ちを考えてみた
雨の日も雪の日も 

いつもいつも
文句も言わずに 

俺を乗せてくれる
たまに乱暴に扱ったり 

もっと良い車椅子が
欲しいと思ったり 

かなり雑に扱ってたり
  
車椅子が喋れたら 

きっとこう言うだろう
もっともっと

綺麗に扱ってよ
車椅子が喋れたら 

きっとこう言うだろう
がたがた道や 

砂地は走らないで

 

車椅子になった時のこと 

色々と思い出してみた
この先の人生は 

ずっとずっと
足が動かない 

俺はどうすればいい
もう好きな事出来ない 

行きたい所にも行けやしない

楽しみが一つもない 

俺の人生は終わった

 

車椅子が喋れたら 

きっとこう言うだろう
大丈夫ぼくが 

君の足の代わりになるよ

車椅子が喋れたら 

きっとこう言うだろう
この先のこと  

一緒に考えよう

 

いつまでもくじけてんなよ 

ションボリすんなよ
自分の気持ちを立て直すのは 

君しか出来ない
車椅子がそう言ってる 

うな気がした
車椅子があるから今の 

生活ができる

 

車椅子を作る人が居るから 

今の生活が出来る
当たり前に思っていることに 

色んな助けがあるんだと
素直に感謝出来る 

感謝を伝えたい

あ~ ありがとう

 

fin

 

 

7. 想い

 

Melody:wander

Words:wander

 

今こうしてたくさんの人の想いが 

音の上で合わさってるね

 

切っ掛けは特別な事じゃない
ほんの1つの問いかけが 

全ての始まりだった
ただ自分たちが

今までに感じた事を
伝えたいと思っただけ 

他に何もなかった

 

それぞれ得意な事で

想いを表した
想いが合わさった時 

全く別のひとつの形になった
音にのせて言葉で想いを 

全身で感情を表した
ここに生まれた気持ちの重なり 

皆に感じて欲しい

 

想いを伝えなければ 

全ては始まらなかった
ここに新しく生まれた 

想いが重なっていって
心の奥にいつまでも 

残っていて欲しい

 

作り笑顔で取り繕っても
距離は縮まらない

壁は消えない 

気持ちを分かち合えない
自分の殻に

閉じこもっていたら
何も変わらない何も生まない 

誰にも何も与えない

 

全ての想いを

自分の外に出して
形にした時に 

変わった形になり自分に返る
自分の想いを感じたことを 

表現すれば良いだけのこと
そこに別の想いが重なれば 

違ったモノに変わっていく

 

悩みが勇気に変わり 

悲しみは優しさになり
辛い時は分かち合えば 

いつの間にか消えて行き
一歩を踏み出す 

勇気に変わったりもする

 

不安や悩みでも 

自分の外に出して
形にした時に 

変わった形になり自分に返る
もっとたくさんの想いを重ねて 

見えない壁もなくしていきたい
今こうして区別なんかなく 

ひとつに気持ちが重なってる

 

いつでもどんな時も 

想いがつながり合って
自分を作らなくても良い 

本当の自分で居られる
そんな空間が 

どこまでも広がって欲しい

 

fin

 

 

8. なぜ

 

Melody:wander

Words:wander

 

なぜ、障がい者と
なぜ、健常者のあいだに
壁があるように感じるのは
このままずっと失くせないのか?


なぜ、こっちを見て心配する

なぜ、こっちを向いて伝えてくれない
もどかしさ淋しさを感じているけど
なんにもないかのように過ごしてた


そのときに感じた

感情は出せなかった
今以上に壁が

厚くなってもっと距離が

離れてしまう事が怖くて

相手に悪気がないという
ことも分かっているから
感じてる事を
表に出せずにいた
本当は嫌なのに
特別扱いしなくて良い
お互いが自然で居られる事を
ただそれだけを願っている

どうすれば
壁が低くなるのか?
どうすれば
お互いの距離が縮るのか?
何が壁を作り距離をあけているか?
そうさせているかを考えた


自分と相手を置き換えてみた
1つの答えを思いついた
それはただ慣れていないということ
どうすれば良いかが
分からないだけ

初めから分かってる人なんて
居るはずが無い
そのときに感じた事を
言葉にし表して
確かめ合おう

遠慮し合って受け身じゃなくて
歩み寄ろうたとえ半歩でも

お互いが歩み寄れば
距離が1歩縮まる
そのための切っ掛けになること
それをいっしょに探そうという
気持ちを少しでも
持って欲しい

一番大切なこと

それは相手を知ること
決めつけないで
ただ聞いて欲しい
気持ちを察して欲しい
一言があるかないかで
それだ
けで何かが
変わるかもしれない
笑顔になれるかも ・ ・

しれない ・ ・

 

fin

 

 

9. メタセコイヤの願い

 

Melody:wander

Words:tomo & wander

 

覚えていますか?あの日二人
メタセコイヤの木の下で
それぞれが書いた未来への手紙

二人が二人とも
お互いの事を書いていた
あの5月の日から二人は
今日という未来を願っていた

初めて出会った時から
今日というこの日を迎えるまで
二人には幾つもの出来事が
あったのだろう

だけど今こうして
二人となりで笑顔でいる
その周りにもこんなに
たくさんの笑顔があふれている

2人がこの先にもしも
つまづく事があった時は
あの日のメタセコイアの誓いと
今日のこの笑顔を思い出して欲しい

彼女のためにいつまでも
変わらず優しく居られるはず
その優しさが彼女があの日に
願っていた幸せの中のひとつ

この先も想い変わらず
2人をずっと幸せが包むはず
メタセコイアの樹に込められた言葉は
「永遠の始まり」 だから ・ ・
 
fin